任意売却と競売

椅子のあるリビング

一昔前は住宅の価格は購入時よりも高い評価額が付く時代でした。こうした場合万が一住宅ローンが支払えなくなったとしても住宅を売却してしまえばその費用で残りの住宅ローンを支払うことができました。しかし現在では購入時の価格がピークでその後は下がる一方となっています。そうなるとローンが支払えなくなった際に住宅を売却したとしても残債を全額返済することは困難なのです。そんな時に利用できるのが任意売却です。住宅ローンだけでなく固定資産税が支払えなかった場合や住宅が担保になっている場合に利用できる可能性がある仕組みです。とはいえ支払いが滞ったすべての場合に利用できるわけではありません。債権者と話し合い債権者の同意の下で任意売却が行われるのです。

正直住宅ローンの融資をしている銀行は債務者が支払いをしなくても痛くもかゆくもないのです。というのは債務者がローンの支払いを行わなければローンの保証会社に残りの金額を一括請求するのです。ですから銀行などの金融機関が損をすることはありません。しかし債務者からすると支払いを求められる先(債権者)が銀行からローンの保証会社に代わっただけです。しかもローンの保証会社の場合残債の一括返済を求められます。月々の支払いに苦しんでいる人にとって残債の一括返済はほぼ不可能なのです。そうなると後は裁判所の承諾のと競売手続きが進められ住宅を失ってしまいます。そうならないためにも競売になる前に任意売却の相談をする必要があるのです。任意売却をより満足いくように進めるためにも早急な話し合いが必要です。